Cafe’ & Foods with Good Music & Live Show

Sunday, May 24, 2020

蠣崎未来とPONY'STOY

event_noteMay 24, 2020 editBy PONY'STOY

蠣崎未来 meets 松沢 春伸

未来ちゃんの映像を編集させて貰いました。
フィッシュマンズ 、浅川マキ、、、様々な曲を弾き語りでカバー。
オリジナルアルバム『路傍の唄』リリース。深く滋味あふれる唄声でファンを増やしている。

映像は「それはスポット・ライトではない」から映画の挿入歌になった「海辺の途中」へと続きます。


動画公開の確認もかねて、元気で居るかなあ〜と電話で久しぶりに話せて良かった。
ミクちゃん〜またPONY'STOYへ来てね。いつもありがとう!!


adios!!!


蠣崎未来 at Pony'sToy


蠣崎未来プロフィール
蠣崎未来(かきざきみく)
1989年生まれ / 岐阜出身
高校時代まで音楽と無縁の生活を送っていたが、神戸の大学在学中に、フォークやソウルなど様々なジャンルの音楽に触れ感銘を受けフォークソング部に入部。
卒業後、2012年よりアコースティックギターによる弾き語りでの演奏活動を開始。
当初はカバーのみであったが徐々にオリジナル曲を増やし、現在は全国的なライブ活動を展開中。
2018年5月リリースの「路傍の唄」に続くスタジオ録音による「海辺の途中」は、ユーロスペースレイトショー観客動員記録も持ち、最新作『ソワレ』も控える名匠・外山文治監督の新作短編映画とのコラボーレーション。函館ロケの叙情あふれる映像に寄り添う、とても優しい1曲となりました。

2019/12/4 Release(Digital Single)
「海辺の途中」
MULE RECORDS
主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスにて配信
1.「海辺の途中」

2018/5/9 Release
「路傍の唄」
¥2,315(tax out)
MULE RECORDS
ANTX-1037

1.君といると(作詞・作曲 蠣崎未来)
2.君をさがしに(作詞・作曲 リーテソン)
3.ペーパームーン(作詞・作曲 蠣崎未来)
4.伝わらない(作詞・作曲 蠣崎未来)
5.いったい何を(作詞・作曲 阿部芙蓉美)
6.君の声が聞きたい(作詞・作曲 瀬藤友也)
7.赤い汽笛(作詞・作曲 リーテソン)
8.無題(作詞・作曲 蠣崎未来)
9.路傍の唄(作詞・作曲 蠣崎未来)

2016/9/1 Release
「蠣崎未来 LIVE 2016」
[amazon/ライブ会場限定販売]
¥1,111 (tax out)
MULE RECORDS
XNDC-30045

1.君といると
2.伝わらない
3.君の声が聞きたい
4.無題